右脳ラーニング  ◆体験セミナー あなたの伝説を創るプチブランド プロフィール ◆Blog
ワクワク右脳開発講座  目標設定セミナー メルマガ ◆リンク
七田チャイルドアカデミー  受講生の声 ◆Good & New ! サイトマップ受講規約
  Copyright 2003 Kazuya Terashita. All Rights Reserved.
 
感動スーパーパフォーマンス講座体験談
 
右脳達人育成講座体験談
 
中越地震チャリティ講演体験談
 
アートセラピー講座体験談
フォトリーディング集中講座体験談
ワクワク右脳開発集中講座体験談
セルフブランディング講座体験談
プチブランド講座体験談
 
右脳開発体験セミナー体験談
目標設定セミナー体験談


◆アートセラピー講座体験者の声


アートセラピー講座体験者(2004年9月4日)の生の声です。−


●あっという間の4時間で、自分というものがよくわかりました。

  怒りの傾向がわかったので、その場面の時は一旦立ち止まり対応していた。

  山内 逸朗 43歳 会社経営

●面白い講座でした。
  同じテーマでも人によって描く絵が違うのが面白かったです。
  その絵にこめられた意味に深いものがありました。

  今日アドバイスをもらったことを実生活の中で試してみたいと思います。

  Y.K

●自分が描いた絵だけでなく他の方の描いた絵についてもお話が聞けて、とても参考になった。
  自分が思っていて、悶々としていることをズバリ当てられたのでびっくりした。
  前半に話されていたブランドの話を他人事だと思って聞いていたが、
  自分にも当てはまる話だと後になって気がついた。

  自己分析に生かしたいのはもちろん、子供に対してどう生かせるか模索し、お互いを見つめ直す手立てにしたい。

  W.M

●1つの絵から、いろいろなメッセージが得られることがわかってとてもおもしろかった。
  自分で他の人が描く絵のメッセージが読み取れるようになると楽しそうだと思った。

  思い当たることがかなりあるので、黒須さんからいただいたアドバイスを実践してみようと思う。
 
  M.H

●とても楽しくあっという間に終わってしまった。
  丸一日やってほしいくらいです。
  いろんなテーマで絵を描きたいと思いました。
  創作意欲が湧いてきた。

  自分の潜在意識が絵を解読して頂いたおかげでよく理解できました。
  自分ブランドを打ち出していきたいです。

  梅基 剛樹 40歳 営業

●自分の内面を知るという意味でとても有意義な内容でした。
  アートセラピーがとてもおくの深いものであると感じた。
 
  自分がブランド人になるため何が必要なのか、どういうネタが良いのかを意識していきたい。

  T.K

●絵画から読み取れることって本当に多いのですね。
  びっくりしました。

  親子関係がインナーチャイルドであると言われ、気にはしていたのですが、具体的に出てくるとは・・・すごいですね。
  これをどのように打破していくか・・・?考えてしまいます。
  ありがとうございました。

  N.N

●今まで知らないことだったので、知識として面白いと思いました。
  更にアートセラピーについて上級を知りたいと思っています。
  ただ寺下先生のフォトリー講座が自分の中で基本となっているので、もっとスピーディにもっと大量の絵を描き、
  セッションしたかったです。

  エネルギーの元は同じだという考え方を知ったので、まわりの目を気にすることなく
  自分らしさを出していきたいと思いました。
  今回の講座の主旨とは違いますが、本当に絵が上手くなりたい、
  絵で上手に表現できるようになりたいと思いました。

  T.S

●思ってもみなかった自分の隠れた感情の面に気づくことができた。
  生き方・考え方の面でも示唆に富む点が多く、参考になりました。
  おもしろくてタメになるとはこの事か?といった感じでした。

  描いた絵をもとにいただいたアドバイスを心に留めて生活してゆきます。
  ありがとうございます。

  T.H

●同じテーマなのに、それぞれ全く違った個性的な絵になり、そこから潜在意識が見えてくる、
  とても刺激的な講座でした。
  そして黒須先生の適切なアドバイス。「気づき」に満ちて満足です。
  ただ1つ。もっとたくさん描きたかった!

  今日の講座でハッとした言葉:
  ”頭を高めるだけではだめ。実行し、体験を重ねることが大事。”
  ”成功とは人とのネットワークの広がり。そのためには「表明すること」が大切”
  −−−やっぱりアウトプットが重要。アウトプット人になります。

  I.K

●非常にすばらしい講座で気づきもたくさんありましたが、もう少し絵を描くという
  実践的なセッションの量をこなしたかった気もします。
  でも口から出てくるコメントの1つ1つが、結構今までの人生の中で実践・経験・学習してきたことに
  リンクする言葉が多く、引き寄せられました。

  最後に仏像の絵の時に「どうパイプラインを引くかが課題」との言葉を、
  自分分ブランドに結び付けてどう現実化していくかを考えることと、行動すること。
  行動のデータを増やすこと。

  K.A

●先生のお話がおもしろくてよかったです。
  絵が下手とか気にする間もなく、懐かしいクレヨンで描くのが楽しかったです。
  絵の解釈とかも、へ〜!!という感じでとっても興味津々です。

  まずエネルギーありき!
  エネルギーを持てるように、怒のエネルギーを良い方向へ出せるようにしていかなきゃいけないなーと思いました。

  S.M

●なるほどー、ほほー、という感じでした。
  今の私の状態と照らし合わせて、感じる所がありました。
  いろいろな方の話を聞けることも勉強になりましたが、人数が多い気もします。

  その時期にその人にふさわしいブランドがやってくるという言葉が心に残りました。
  努力していきたいです。

  片岡 浩康 34歳 会社員

株式会社 寺下活生トータル研究所
⇒お問い合わせはこちらまで